メニューボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加  

まずはワキガの原因から

ワキガの原因を確定することは難しいかと思います。

 

ですので、考えられる原因を出来る限り知った上で1つつ対策していくのが一番現的です。

 

ここではワキガの原因とその対策をセットで記録していきます。

 

遺伝が原因の場合

 

両親のどちらか、もしくは両方がワキガの場合は残年ながらあなたにもワキガが遺伝してしまっている可能性が高いでしょう。

 

対策としては遺伝子を何とかして・・・なんてできませんので、ワキガのケアアイテムを使って臭いを消すという対策を行うのが現実的です。

 

クリームでいけますので

 

 

食生活が原因の場合

 

ワキガだけでなく体臭全般に言えるのですが、肉など動物性のもの中心の食生活をしている人は要注意です。

 

動物性の脂質の多い食事、バターもチーズも肉も食べちゃダメなんて気にしだすと何も食べれなるのでここでと可能性のある食物を上げていくようなことはしません。

 

「野菜中心の生活に切り替える!!」

 

これだけ。

 

肉は食べたいですが、少しでも臭いが薄れるのであればガマンです。

 

 

ワキ毛の処理をしていない

 

理由は書かなくてもなんとなく分かるかと思いますが、ワキ毛がボーボーのわきの下は当然臭いもキツクなります。

 

わき毛の処理はしっかりと行い、常に清潔にしましょう。

 

1日に何度もわきの下を洗えませんので、デオドラントボディシートなどを常に持ち歩いてマメに汗を拭きましょう。

 

 

ワキの下のケアをしていない

 

もう書いてしまいましたが、わきの下は常に清潔に。

 

汗を残さないよう、マメにケアをします。

 

 

生活習慣が問題な場合も

 

生活習慣がワキガの原因になってるなんて言われてもなあとは思いますし、本当かどうかも調べるすべはありませんが、その可能性があるということは頭に置いて出来る限り生活習慣も改善していきます。

 

健康にもなるので一石二鳥でしょう。

 

睡眠不足、ストレス、疲労、生活のリズムが悪いなど、さまざまなことが蓄積して、体臭が増すことがあります。

 

これはもうj早寝早起きをして、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

ストレスは人によって解消の仕方が違うかと思いますが、ストレスも原因の1つだと認識して、ストレスがかかるようなことはなるべく避け、ストレス解消法を見つけましょう。

 

とはいえ仕事が忙しいと難しいですよね。

 

自分ができる対策は今すぐに始められる

 

生活習慣を見直したり、食生活を見直すことはやろうと思えば今すぐにできることです。

 

他人に臭いと思われたくなければ今ここで心を決めてください。

 

わきの下のケアは言われなくてやっているかと思いますが、わき毛をまめに処理する、汗をかいたらすぐにふき取るなど、「マメさ」にも気を付けてください。

 

そもそもわきの下は汗をかきやすいので、一般的な人でもそのまま放置すれば臭います。

 

ワキガの人は汗をかく量も、臭いもキツイ訳ですからマメにふき取りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加